Author Archive

第11回学術集会 プログラムの詳細が決定しました

第11回学術集会 プログラムの詳細が決定しました。

テーマ「地域とともに 次代をひらく」

会  期    平成29年 9月 24日(日)

会  場    宮崎県立看護大学

1.プログラムの詳細はこちらから

2.会場案内についてはこちらから

3.タイムスケジュールについてはこちらから

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

第11回学術集会のご案内

宮崎県立看護大学開学20周年記念事業合同開催

宮崎県立看護大学看護学研究会第11回学術集会

  「地域とともに 次代をひらく」

会  期    平成29年 9月 24日(日)

会  場    宮崎県立看護大学

このたび、宮崎県立看護大学看護学研究会第11回学術集会を、平成29年9月24日(日)に宮崎県立看護大学において開催いたします。また、今回は開学20周年を迎える年にあたり、開学20周年記念事業との合同企画として開催する運びとなりました。

平成19年の研究会設立から、今回で11回目の学術集会を迎えることとなりました。昨年は10回という節目の回で、台風による延期を余儀なくされたにもかかわらず多くの会員の皆様のご参加を頂きました。参加した卒業生から、「良い刺激をもらった」「看護を振り返る良いきっかけになった」「何かまとめてみようという気になった」という声が聴かれ、拠り所となる看護理論を確かめ、より質の高い看護を考え実践に繋げていく場として10年でしっかりと根付いたように感じました。

今回のテーマ、「地域とともに 次代をひらく」は、開学20周年記念事業との共通テーマです。これまでの10年で培ってきた実践能力が発揮され、「地域とともに 次代をひらく」担い手となる会員がさらに増えるような会となるように、日々の実践を振り返って看護の価値を再確認し、明日の看護に向かいたくなるような集会にしていきたいと準備を進めております。

プログラムでは、パネルディスカッション、交流集会、ポスターセッションを予定しています。多くの仲間が集まり、自己研鑽や交流の場となって「地域とともに 次代をひらく」活力になる会になるよう願っております。多くの皆様のご応募・ご参加を企画委員一同、心よりお待ちしております。

平成29年5月吉日

                   宮崎県立看護大学看護学研究会第11回学術集会

                           会長  中角 吉伸

                          (宮崎県立看護大学看護学部看護学科)

2017

プログラム概要 

(プログラムに関する詳細な内容は、宮崎県立看護大学看護学研究会ホームページで6月下旬以降に公開予定です)

◇ 9:00      受付開始

 

◆ 9:30~ 9:40   会長挨拶

◆ 9:40~11:40  パネルディスカッション

              多職種連携で「医療と看護」「命と暮らし」を支える看護の未来

           < 昼食 >

◆13:10~14:00  ポスター発表

◆14:10~15:30   交流集会1・交流集会2・交流集会3・交流集会4

◆15:40~16:30  活動報告

             本学での学びや学術集会の発表を経て、発表者の実践・研究に

どのような発展があったのか

◇16:30       次期会長挨拶

           閉会

 

○閉会後、“交流カフェ”をオープンします。しばらくのご歓談、交流をお楽しみください。

 *プログラムは、場合により変更となることがあります。

参加される方へ

◎参加の申込み方法

会員・非会員とも【事前受付】【当日受付】 があります。

■事前受付期間

       5月1日(月)~7月31日(月)

*7月31日(月)までに申し込まれた方には、学術集会集録を郵送致します。

 

■【事前受付】①または②の方法で申込みください。

  ①宮崎県立看護大学看護学研究会ホームページより、「第11回学術集会」上で受け付けます。                  (注:6月中旬以降のご利用となります)

②同封の<参加申込書>に必要事項を記入し、郵送、FAXまたはメールでお申込みください。

 

申込先  郵送の場合   〒880‐0929 宮崎市まなび野3丁目5番地1

宮崎県立看護大学看護学研究会 第11回学術集会

事務局  担当 中村・勝野 宛て

FAXの場合   宮崎県立看護大学看護学研究会 第11回学術集会

事務局  担当 中村・勝野 宛て

FAX番号    0985-59-7772

メールの場合   E-mail m-kenkyu@mpu.ac.jp

 

PDF【Web】第11回 参加申込書   word【Web】第11回 参加申込書

*学術集会の円滑な運営のために、事前の申込みにご協力ください。

■【当日受付】 会場受付で申込みください。

■参加費(集録代を含む)

会 員:無料

非会員:2000円 (当日受付でお支払いください。事前受付・当日受付とも同額です)

   学 生:無料   (大学院生は除く)

◎昼食について

お弁当を希望される方は、メール申込時に明記、または<参加申込書>の弁当希望欄に○印をお願いします。

 

代金(800円:税込)は、当日受付にて徴収します。当日参加の方は、各自で昼食をご準備ください。 当日の申込み、キャンセルはできません。

発表される方へ ー応募方法ー

◎交流集会(話題提供者)の応募について

 

看護実践に関わる具体的な事実をもとにした、少人数のグループで意見交換を行う交流集会を開催します。討議したい話題や実践がある人は「話題提供者」として申込みください。

 

■話題提供者の応募資格

筆頭者が、会員または入会申請中の方。交流集会話題提供者登録の前に学術集会の参加受付を行ってください。学生は、会員・非会員を問わず応募できます。

■応募締切    7月 14日 (金)

■応募方法

メールで、以下の内容を明記し学術集会事務局(E-mail: m-kenkyu@mpu.ac.jp)へ申し込みください。メールの件名は「第11回学術集会交流集会応募」としてください。

①タイトル(40文字以内)

    ②筆頭者(申込者)の氏名(フリガナ)・所属、連絡先住所・電話・Eメールアドレス

   ③討議したい話題や内容

■採択について

  交流集会の発表枠は、3~4枠準備しています。本会の趣旨に基づいて、第11回学術集会企画委員会で採択を決定させていただきます。採否については、筆頭者(申込者)に連絡します。採択された方には、後日、学術集会事務局より連絡・相談をさせていただきます。

 

◎ポスターの応募について

 ■応募資格

筆頭発表者が、会員または入会申請中の方。応募の前に学術集会の参加受付を行ってください。学生は、会員・非会員を問わず応募できます。

■演題登録締切   7月 14日 (金)

 ■演題登録の方法

メールで、以下の内容を明記し学術集会事務局(E-mail: m-kenkyu@mpu.ac.jp)へ

申込みください。メールの件名は 「第11回学術集会ポスター応募」としてください。

 

     ①演題タイトル(40文字以内)

     ②筆頭著者・共著者全員の氏名(フリガナ)・所属

     ③筆頭著者の連絡先住所・電話・Eメールアドレス

 

 

☆共通:集録の原稿作成要領について

   応募された方(筆頭者)へ、直接、学術集会事務局よりご連絡します。

 

企画委員一同、皆様のご応募、ご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

 

問合わせ先

 〒880‐0929 宮崎市まなび野3丁目5番地1

宮崎県立看護大学看護学研究会

 第11回学術集会事務局  担当  中村・勝野

TEL   0985-59-7749

E-mail  m-kenkyu@mpu.ac.jp

 

宮崎県立看護大学看護学研究会 設立趣意書

「すべての幼児、すべての人が健康への最善の機会を与えられるような方法、すべての病人が回復への最善の機会が与えられるような方法が学習され実践されるように!」とのナイチンゲールの夢を宮崎に、そしてこの夢を実現する能力を修得した卒業生、修了生を世に送り出すという教育理念のもと設立された本大学も開学10周年を迎えました。

 

この10年の節目に、ナイチンゲールの夢を共有する私たちが、看護の質的向上のために、拠ってたつ学的基盤を確認しながら討議し、互いに支え合う場として、宮崎県立看護大学看護学研究会を設立することになりました。

 

本研究会では、

第一に、日々の実践の中で生まれる自らの問いを共有し、討議することで、より

    よき看護実践を導くことをめざします。

第二に、ナイチンゲールの理念を継承するために創出された看護学教育について

    討議し、その充実をめざします。

第三に、すぐれた看護実践を生み出す力となる知見を得るための研究方法の発展

    をめざします。

これら三つの取り組みを柱とし、小さきことから始め、積み重ねていきましょう。

 

平成 19年 5月

担当役員一覧

第5期(令和元年度~令和3年度)役員

      理事長  邊木園 幸
      副理事長  川村 道子
      理事  勝野 絵梨奈
      理事  大脇 裕子
      理事  吉田 幸代
      理事  伊尾喜 恵
      理事  岡﨑 実子
      監事  小野 美奈子
      監事  藏元 恵理子

第4期役員が承認されました

11月24日の総会において役員改選が行われ、第4期(平成28年度~平成30年度)役員として、下記のように承認されました。

      理事長  三宅 玉恵
      副理事長  邊木園 幸
      理事  壹岐 さより
      理事  勝野 絵梨奈
      理事  恒吉 さやこ
      理事  宮田 真央
      理事  吉田 幸代
      監事  小野 美奈子
      監事  毛利 聖子

宮崎県立看護大学看護学研究会 会則

第一章  総則

 第1条 本会は、宮崎県立看護大学看護学研究会(Miyazaki Prefectural Nursing University Academy of Nursing Science)と称する。

 第2条 本会の事務局を宮崎県立看護大学看護学部内に置く。

 第3条 本会は、看護の質的向上のために拠ってたつ学的基盤を確認し、看護学の発展と会員相互の学術的研鑚をはかることを目的とする。

 第4条 本会は第3条の目的を達成するために次の事業を行う。

  一 学術集会の開催

  二 総会の開催

  三 機関誌(または会報)の発行

  四 その他本会の目的達成に必要な事業

第二章 会員

 第5条 本会の会員は、本会の目的に賛同し、拠ってたつ学的基盤を共有し、あるいは共有しようとする者で、所定の手続きをへて、理事会の承認を得た者をいう。

 第6条 会員は、年会費を納入しなければならない。

 第7条 会員は、次の理由によりその資格を喪失する。

  一 退会

  二 会費の滞納(2年間)

  三 死亡

 2 退会を希望する会員は、理事会へ退会届を提出しなければならない。

第三章 役員

 第8条 本会に次の役員をおき、その任期は3年とし再任を妨げない。但し、引き続き6年を超えて在任することはできない。

  一 理事長    1名

  二 副理事長   1名

  三 理事     7名(理事長 副理事長を含む)

  四 監事     2名

 第9条 役員の選出は次のとおりとする。

  一 理事長は、理事の互選により選出し、総会の承認を得る。

  二 副理事長は理事の中から理事長が指名し、総会の承認を得る。

  三 理事・監事は会員の中から選出し、総会の承認を得る。

 第10条 役員は次の職務を行う。

  一 理事長は、本会を代表し会務を統括する。

  二 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはこれを代行する。

  三 理事は、理事会を組織し、会務を執行する。

  四 監事は、本会の事業および会計を監査する。

 第11条 学術集会の開催にあたっては、集会長を置く。

 第12条 学術集会会長は、学術集会を主宰する。

 第13条 学術集会会長は、理事会で会員の中から選出し、総会の承認を得る。

 第14条 学術集会会長の任期は、年度内とし再任は認めない。

第四章 会議

 第15条 本会に次の会議を置く。

  一 総会

  二 理事会

 第16条 総会は、理事長が招集し、学術集会会長が議長となる。

 2 総会は、毎年1回開催する。但し、会員の5分の1以上から請求があったときおよび理事会が必要と認めたとき理事長は、臨時に総会を開催しなければならない。

 3 総会は,会員の10分の1以上の出席または委任状をもって成立とする。

 第17条 総会は、この会則に定める事項のほか次の事項を議決する。

  一 事業計画および収支予算

  二 事業報告および収支決算

  三 その他理事会が必要と認めた事項

 第18条 総会における議事は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

 第19条 理事会は、理事長が召集しその議長となる。

 2 理事会は、毎年1回以上開催する。但し、理事の3分の1以上から請求があったときは、理事長は、臨時に理事会を開催しなければならない。

 3 理事会は、理事の過半数の出席をもって成立とする。

第五章 学術集会

 第20条 学術集会は、毎年1回開催する。

 第21条 学術集会会長は、学術集会の企画および運営について審議するため、学術集会企画委員を委嘱し、委員会を組織する。

第六章 機関誌(または会報)

 第22条 本会は、機関誌(または会報)等の発行を行うため編集委員会を置く。

第七章 会計

 第23条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日で終わる。

第八章 会則の変更

 第24条 本会の会則を変更する場合は、理事会の議を経て総会の承認を必要とする。

 前項の承認は、第18条の規定にかかわらず出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

第九章 雑則

 第25条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、別に定める。

附則

この会則は、平成19年9月8日から施行する。

附則

この会則は、平成29年3月5日から施行する。

会則が一部変更されました

 次年度より本研究会は自主運営となるため、会則の第3条、5条の変更が必要であることが平成29年3月5日の総会にて説明されました。

会則第3条の「本学が拠ってたつ学的基盤」を「看護の質的向上のために拠ってたつ学的基盤」へ、第5条の「本学の拠ってたつ学的基盤を共有し」を「拠ってたつ学的基盤を共有し」への変更が提案され、承認されました。

入会申込方法

宮崎県立看護大学看護学研究会会則をお読み頂き、研究会の趣旨にご賛同頂きましたら入会申込書に必要事項を記載し、FAXまたは郵送で下記申し込み先に送付してください。

入会申込書のダウンロードはこちら

入会申込書  (Microsoft Word形式)  (Adobe pdf形式)

 

入会が承認されますと、入会通知と会費振込用紙を送付いたします。郵便振込にて会費納入をお願いいたします。会費は、年会費3,000円です。入金を確認できた時点で、当該年度からの入会になります。

[振込み先]

   ゆうちょ銀行振替口座(郵便局): 01700-1-82817

          加入者名    : 宮崎県立看護大学 看護学研究会

 

入会申込先

〒880-0929 宮崎市まなび野3-5-1 宮崎県立看護大学内

宮崎県立看護大学看護学研究会

FAX:0985-59-7779

 

住所変更等について

本会に登録された住所等の変更は、「入会申込変更届」に変更事項を明記し、入会申込変更届をFAXまたは郵送で下記の問合せ先に送付してください。

入会申込変更届のダウンロードはこちら

入会申込変更届  (Microsoft Word形式)  (Adobe pdf形式)

 

問合せ先

〒880-0929 宮崎市まなび野3-5-1 宮崎県立看護大学内

宮崎県立看護大学看護学研究会

FAX:0985-59-7779

【延期】第10回学術集会についてのご案内

宮崎県立看護大学看護学研究会第10回学術集会

メインテーマ  人々の「生きる力」を支える看護

       ~日々の看護実践が「看護であること」を確認し合おう!~

会    期  平成29年 3月 5日(日)

会    場  宮崎県立看護大学 

  9月4日に開催を予定しておりました本学術集会は、台風12号の接近に伴い、止む無く中止とさせていただきました。このたび、関係各所のご理解・ご協力を賜ることができため、改めて宮崎県立看護大学看護学研究会第10回学術集会を平成29年3月5日(日)に開催させていただく運びとなりました。
 本学術集会は、日々の看護実践の問いを参加者で共有し、看護の質の向上を目指し討議することで、よりよい看護実践活動への礎を確認する場となっています。

 今年は、メインテーマを「人々の『生きる力』を支える看護」、サブテーマを「日々の実践が『看護であること』を確認し合おう!」として、会員の皆様が、互いに看護実践を振り返ることにより、看護に向かうエネルギーを養う場となるよう企画委員一同で準備を進めております。

 プログラムは、パネルディスカッション、交流集会、意見交換会を予定しています。また、学術集会後の懇親会では、本学同窓会と共催し、より本学の卒業生・修了生と教員・看護職の皆様との交流を図ることができるよう企画を準備しております。

 県内外からの多くの皆様の参加を心よりお待ちしています。

平成28年12月吉日

                  宮崎県立看護大学看護学研究会第10回学術集会

                           会長  松本 憲子

企画委員:壹岐、河野、上田、高橋、田多良、 邊木園 、丸田 他

                   (宮崎県立看護大学看護学部看護学科)

1208%e7%ac%ac10%e5%9b%9e%e5%ad%a6%e8%a1%93%e9%9b%86%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7-001

プログラム概要

9 :00~9:35  受付開始

9 :25~9:35  開会式

9 :35~10:15 会長講演 「生きる力」を支える看護

演者:松本 憲子(宮崎県立看護大学)

 

10:25~12:00 パネルディスカッション 「生きる力」を支える看護実践

演者:橋本 茉実(延岡保健所 保健師)

演者:蓮池 光人(森ノ宮医療大学 看護師)

演者:高橋 裕子(宮崎県立宮崎病院 がん性疼痛看護認定看護師)

演者:丸田 梨矢子(宮崎県立看護大学 小児看護専門看護師)

 

12:00~12:30 総会

 

13:30~14:50 交流集会

交流集会1:救命救急センターにおける外傷患者への看護実践について

      ~高齢患者の生きる力~

話題提供者:関 義典(宮崎大学医学部附属病院)

 

交流集会2:精神科救急病院における退院支援

   ~病棟ナースが患者の退院に向けて3か月の入院期間に行うべきことは何か~

話題提供者:長友 耕平(医療法人如月会 若草病院)

 

交流集会3:思春期の生きる力を高める教育

話題提供者:壹岐 さより(宮崎県立看護大学)

 

交流集会4:新人看護者集まれ~!日頃の思いをみんなで語ろう

 

15:00~15:50 意見交換会 学びを確認し合い看護の夢を語ろう

ゲスト:薄井 坦子(宮崎県立看護大学名誉教授)

15:50~16:00 閉会式

 

16:00~17:30 懇親会

 

○その他に、研究への取組み相談会などを開催します。

○閉会後、“懇親会”を開催します。しばらくのご歓談、交流をお楽しみください。

 *プログラムは、場合により変更となることがあります。

参加される方へ

◎参加の申込み方法  会員・非会員とも【事前受付】【当日受付】 があります。

■事前受付期間

2016年12月10日 ▶▶▶ 2017年2月10日(金)

*2017年2月10日までに申し込まれた方には、学術集会集録を郵送致します。

*添付してあるチラシの事前受付の締切と相違がありますので、ご注意ください。

 

 

■【事前受付】<参加申込書>をダウンロードしていただき、必要事項を記入後、メール、

郵送またはFAXにてお申し込みください。

< 第10回学術集会 参加申込書 : Word > < 第10回学術集会 参加申込書 : PDF >

 

申込先

郵送の場合   〒880‐0929 宮崎市まなび野3丁目5番地1

     宮崎県立看護大学看護学研究会 第10回学術集会 事務局  担当 壹岐 宛て

FAXの場合   宮崎県立看護大学看護学研究会 第10回学術集会  事務局  担当 壹岐 宛て

         FAX番号    0985-59-7779

メールの場合   E-mail m-kenkyu@mpu.ac.jp

*学術集会の円滑な運営のために、事前の申込みにご協力ください。

■【当日受付】 会場受付で申込みください。

■ 参加費(集録代を含む)

  会 員:無料

  非会員:2000円 (当日受付でお支払いください。事前受付・当日受付とも同額です)

  学 生:無料   (大学院生は有料)

◎昼食について

お弁当を希望される方は、メール申込時に明記、または<参加申込書>の弁当希望欄に

○印をお願いします。

代金(800円:税込)は、当日受付にて徴収します。当日参加の方は、各自で昼食をご準備ください。 当日の申込み、キャンセルはできません。

◎懇親会

閉会後に懇親会を開催いたします。まだまだ話したい方、ほっと一息つきたい方、どなたでも参加できます。多数のご利用をお待ちしております。

時 間:16:00~17:30

場 所:未定

参加費:無料

 

【開催中止の判断と対応について】

感染症の流行等により集会の自粛・中止が必要な場合は、速やかに研究会ホームページに緊急掲示いたします。気象状況による中止の判断は3月3日17時に行います。発表をされる方にはメール等で連絡をさせていただきます。また、当日は会場の入り口等に掲示します。

企画委員一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

 

問合わせ先

〒880‐0929 宮崎市まなび野3丁目5番地1

宮崎県立看護大学看護学研究会 第10回学術集会事務局 担当  壹岐

TEL  0985-59-7720 E-mail  m-kenkyu@mpu.ac.jp

平成28年度総会開催について

会員の皆様

平成28年度総会開催につきまして、9月4日に予定しておりましたが、台風接近のために延期となっておりました。改めて総会開催について検討し、日程等を決定したしました。すでに案内はがきを送付させていただいておりますので、お手元に届いているかと思います。

日時をご確認の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。なお、委任状につきましては、11月4日(金)までにお返事いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

宮崎県立看護大学看護学研究会 平成28年度総会
日時:平成28年11月24日(木) 18:00~18:30
場所:宮崎県立看護大学 中講義室3

 

なお、延期いたしました第10回学術集会につきましては、来年平成29年3月5日(日)を予定としております。詳細につきましては、決まり次第ご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

« Older Entries
Scroll Up